正しい業務用エアコンを選び出す方法

業務用エアコンとは、オフィスや店舗などで使用される、家庭用エアコンよりも大きなサイズのエアコンです。近年では夏の異常気象による気温の上昇など、エアコンは必需品となっています。学校に設置する自治体も増えています。そんな業務用エアコンには、どのような種類があるのでしょうか。さまざまなシーンに合わせ、種類も豊富に揃っています。天井カセット形のエアコンは、天井と一体化するのできれいに設置でき、目立ちません。照明スペースが少ないところ、壁を有効に使いたいところ、インテリア重視の方にお勧めのエアコンです。メリットは多方向から送風されるので、室温にムラができません。またセンサー付きや、掃除機能の付いたタイプが多いのが特長です。デメリットは大掛かりな工事です。工事費も高くなってしまいます。

業務用エアコンの種類と特長について

業務用エアコンは、天井から吊るすタイプもあります。天井吊形と呼ばれています。音が静かでスペースを取らないため、人気の商品です。広いオフィスやおしゃれなショップに最適です。メリットは、遠くまで風を送ることができ、細長い空間でも快適にできることです。また天井に穴を空けなくても設置可能です。センサーや除菌機能など、オプションが付いているものが多いです。室内機一台で、10馬力まで出すことができます。デメリットは、一方向に送風されますので、エアコンの真下は風が届きにくいことです。また、配管が露出してしまいます。他には床置型があります。設置が手軽で、デザインもスマートです。床のスペースを取らず、取り付け工事も簡単です。メリットは足元まで風を送ることができるところです。デメリットは温度ムラができてしまうことです。

業務用エアコンのメリットとデメリット

他にはどのような業務用エアコンがあるのでしょうか。壁掛型と呼ばれるものがあります。家庭用のルームエアコンよりも大きなサイズのものです。各メーカーの努力により、サイズもコンパクトになっています。ルームエアコンとは異なり、風量は業務用ならではの、強めになっています。メリットは取り付けが簡単で、工事費が安く済むことです。また手入れも簡単にすることができます。デメリットは風が遠くまで届かないことです。室温にムラができてしまうのも欠点です。このように業務用エアコンは、いろいろな種類があります。使う場所の広さや用途に応じて、うまく使い分けなければなりません。リースという方法もあります。専門家に相談し、一番合うエアコンを設置することで快適な空間を手に入れることができます。