知っておきたい業務用エアコンのポイント

一般的に家電量販店で見かける家庭用エアコンが対応できる広さは、最大で20畳程度です。これ以上の広さとなると、より一層大きなパワーで温度調節をするために業務用エアコンの方が空調に適しています。家庭と違って大勢の人数が出入りし、その室内でどのような作業をするのかによって選ぶべきエアコンの種類は異なります。いざ業務用エアコンを設置しようとした場合、初期工事にはお金と時間が掛かります。しかし、長く使用することを考えたら、コスト面では断然こちらのほうがお得です。種類や形状は様々なので、使用する場所の間取りや配置、その建物の構造に適したものを選びましょう。また、電源の種類や設置工事に関することなど、エアコンの設置に迷ったらプロに相談しましょう。家庭用と違って使用時間が長いため、24時間修理サポートが可能な業者に頼むと安心です。

使用場所に合わせた業務用エアコンの種類と特徴

業務用エアコンといっても、様々な種類があります。送風の方向を選ぶことができ、天井と一体化する目立たないタイプの天井カセット型。埋め込みがいらず、天井に穴を空けない天井吊るし型。手が届きやすいので掃除がしやすく、設置工事が簡単な床置き型。見た目は家庭用エアコンに近いが、スペースを取らず風量は業務用として十分の壁掛け型。空調の存在が目立たず、吸い込み口と吹き出し口を必要とするダクト型やビルトイン型などがあります。使用場所に適したエアコンを選ぶには、まずは用途を考えましょう。その場所はOA機器がたくさん並ぶオフィスなのか、調理で火を使うような厨房なのか、用途によって選択肢は変わります。また、同じ面積の部屋であっても職種によって必要なエアコンのパワーは違います。設置場所の広さとその部屋の雰囲気やデザインを考えると、選ぶエアコンタイプのイメージがしやすくなります。

用途に合わせて業務用エアコンを使用することのメリット

畳数で考えると、狭いスペースなら家庭用エアコンで代用してもよいのでは、と考えてしまいがちですが、それは違います。設置場所の広さと可動範囲があっていないエアコンを使用すると効き方が悪く、設定温度に届かない場合があります。つまり、設定温度に合わせるためにフルパワーで運転し続けるため、電気代が余計にかかってしまうのです。そして、このような使い方を続けると故障の原因にもなってしまうため注意が必要です。業務用エアコンを選ぶ際には、部屋の広さとその部屋の温度調節に必要なパワーを知ることから始めましょう。工事を検討する場合、天井裏に配管や配線が必要となるため、家庭用エアコンの設置よりも、より専門的な知識が必要となります。専門業者のプロと現地で確認をしながら、よりよい空調の環境づくりを目指しましょう。