ダイエットをしたことがある人はたくさんいるのではないでしょうか。国民の食生活がすっかり欧米化して、伝統的な日本食から距離ができてしまった昨今は、ダイエットをすることはもはや国民的な行動の一種なのかもしれません。そのダイエットですが、実際にダイエットをすることになったときは、具体的な目標をつくることが一般的でしょう。ダイエットの場合、体重や体脂肪、それからスリーサイズといった数値で表現されるデータがポイントになってきますから、具体的な目標をつくりやすいという特徴があります。そして、わりと一般的な目標として、「半月で3キロ落としたい」「一ヶ月で5キロ痩せたい」といった目標を持つ人が多いようです。「3キロ」「5キロ」といった数値だと、比較的目標にしやすいのではないかと考えられます。そのような事情があることを見越して、ダイエット用品を提供している企業のほうも、商品やサービスの宣伝をするときに、「半月で3キロ落とせます」「一ヶ月で5キロ痩せられます」といったキャッチコピーをつけて売り出すような手法を採用していることがよくあるようですね。ダイエットは、数値で結果がわかるものですから、ダイエットの商品やサービスについても、数値で宣伝されているほうが興味を持ちやすいのではないでしょうか。実際に「一ヶ月で5キロ痩せる」といった目標であれば、素人目にも現実味を感じられるようですから、とてもよいアイデアだと言えるでしょう。