私は、10代の頃は一重だったのですが、年齢を重ねるにつれて二重になってきたのです。
しかし、はっきりとした二重ではないのが悩みなのです。
二重まぶたといいますと、非常に目元の印象も良いですし、何よりも目が大きく見えるのであこがれているのですが、その憧れの二重まぶたにするためには、最近はテープなどもありますし、二重まぶたにするためのノリなども販売されているそうです。
そういったアイテムを利用することによって人工的に憧れの二重まぶたを作り出すことができるそうですが、こういったことを毎日行うには面倒ですし、はっきりとしたまぶたにならない場合もあるので、美容整形などで憧れの二重まぶたにする方法もあるそうです。
プチ整形などもあるそうなので、パッチリ二重にあこがれている私にとっては、非常に興味深いのですが、憧れの二重になったら、目力なども違うと思うので、メイクも楽しめるような気がします。
やはり女性にとっては、パッチリとした目元は憧れです。